【次世代精算システム】ipadを使ったposレジスターの導入

男性

トレンドのモバイル活用

物販を始め何らかの精算を行う必要がある店舗ではposシステムを導入する事があります。posシステムにはより本格的なレジスターなどもありますが、レジスターを導入するまででもない、またより小規模で済ませたいという場合はモバイルデバイスを活用したposシステムを用いることがあります。モバイルデバイスと言っても様々な種類がありますが、今現在の日本で一般的に普及しているモバイルデバイスと言えば、ipadなどでしょう。勿論ipadに対応してposシステムも様々なメーカーから販売されていて、こういったipadのposシステムは汎用性が高く導入コストが低いという特徴を持っています。まず、既にipadを所有していれば別途posシステムを購入する必要がなく、後はメーカーと契約してposアプリをインストールするだけになります。これだけでposシステムが完成し、後はレシートなどの発券に必要な周辺機器やキャッシュディスペンサーを別途購入します。これだけでposシステムが完成し、直ぐに使用することが出来ます。ipadによるposシステムのほとんどが、ipad以外のモバイルデバイスに対応している場合が多いです。つまり何らかのトラブルでipadが故障して使えなくなったとしても別のモバイルデバイスを所収していれば代替することが出来ます。汎用性が高いという点はここからも伺うことができ、非常に利便性が高いでしょう。また、ipadのスペックを活かしてWi-Fi通信を行うことができ、売上データなどは全てクラウド上に保存することが出来ます。これによってposシステムで使用しているipad以外のデバイスからも情報を知ることができ、モデルによってはリアルタイムに売上データを分析することが出来るタイプも有ります。モバイルデバイスのposシステムは、そのデバイスだけで完結できる場合がある場合は手持ちで精算をすることも出来ます。例えば野外でキャンペーン等を行うときに多くの人が精算の列を作ってしまった場合、通常なら列を消費するまで常にレジ打ちをしなければなりません。数を増やすのも簡単ではないでしょうが、ipadのposシステムであれば手持ちができ、キャリア回線で通信をすることも出来てしまうため能動的に精算を行うことが出来ます。こういったハンディーposシステムは居酒屋などの飲食店で多く用いられていて、手軽な決済を提供することが可能でしょう。支払いがクレジットカードなどの電子決済であれば、精算にかかる時間は数十秒程度で完結することが出来るでしょう。現状では特定の業種にしか採用されていないipadのposシステムですが、拡張性に富びながらも利便性の高い仕様が可能なため、これから先様々な分野で使用されると見られているでしょう。カシオや東芝テックやシャープなどのレジスターメーカーも大いに注目をしています。

Associated Link

  • オキナ販売

    大量の注文にも対応しています。アメニティグッズの専門店はこちらにあり、まとめて注文することで送料を無料にすることができます。

消費税増税に対応

シャープはレジスターメーカーとして有名ですが、増税に対応したモデルが存在し、こういったモデルを使用すると増税に関する設定などの業務を簡素化することができ、今後の増税で必要になる業務を事前に対応することが出来ます。

Read More...

用途とシステムレジスター

東芝テックでも様々なレジスターが販売されていますが、電子レジスターは非常に利便性が高く、様々な周辺機器と無線接続で売上データを送信したり、また分析編集することが出来るようになります。形もスタイリッシュです。

Read More...

オールインワン型が人気

カシオは電子レジスターの中でもオールインワンのモデルを販売していることで有名で、のそ形状が非常に人気が高いです。モバイルOSをプラットフォームとして採用し、拡張性に富んでいながらコンパクトにまとまっている特徴があります。

Read More...