【次世代精算システム】ipadを使ったposレジスターの導入

レジ

オールインワン型が人気

レジスターを販売開発しているメーカーは国内でもいくつかありますが、計算機で有名なカシオもレジスターを販売しています。カシオのレジスターの特徴は非常に洗練されているというポイントが有り、オールインワンなレジスターが幾つか販売されていて人気があります。通常レジスターは様々な周辺機器で構成され、レジスター本体と表示機器、更にキャッシュディスペンサーやレシート発券機などを相互に活用して支払処理を行っていくでしょう。ただ周辺機器が多くなると扱う店員も大変になり、更にトラブルや故障率が高くなるデメリットが有ります。最近ではこういったデメリットを解消することが出来るオールインワンタイプのレジスターが登場し、中でもカシオのオールインワンレジスターは非常にコンパクトにまとまっていて、利用しやすいという特徴を持っています。
カシオのオールインワンのレジスターは、レジスターで必要になる様々な周辺機器がコンパクトに搭載されています。まずレジ打ちをするときに必要なキーボードを一掃し、全てタッチディスプレイにすることで省スペース化が可能になっています。タッチで操作を行うため、直感的な作業が可能で、ボタンの種類やレイアウト等を自由に変更することが出来ます。つまり業種が異なっても店舗に合わせる事ができる魅力があり、居酒屋から美容室まで様々な場所で活用されています。ディスプレイも10インチを超える大きさが殆どで、誰でも利用することが出来る配慮がされているでしょう。レジスターを制御するのは汎用的なモバイルOSで、拡張性が高い特徴を持っています。アプリをインストールすることで様々な機能をボタンひとつで追加、またバージョンアップすることも可能です。キャッシュディスペンサーも細かくコンパクトに纏められていて、自動的にお釣りが出てくる形になっています。レシート発券機に関してもディスプレイサイドに搭載されていて、高速感熱プリンターによってレシート発券までの時間を短縮することが出来ます。カシオではこういったレジスターを電子レジスターと読んでいて、オールインワンの電子レジスターもあれば、拡張性に富んだ電子レジスターも販売されています。