【次世代精算システム】ipadを使ったposレジスターの導入

レジ

用途とシステムレジスター

レジスターと聞くと、スーパーやコンビニで精算するときに店員が操作する機械で、難しそうなイメージを持っている方も多いでしょう。実際操作をしてみると非常に簡単で、誰でも利用できるように様々な工夫がされていることがわかります。基本的に物販を行う場面では必要不可避の装置であり、よく見かけることも多いでしょう。そんなレジスターは幾つか種類があり、用途によって形も周辺の機器も変わってきます。一般的によく見るレジスターキャッシュディスペンサーが一体型になっているタイプで、様々なボタンがあり、店員が確認するディスプレイとお客さんが確認する液晶の2つがあるタイプです。ボタンを打ちキャッシュディスペンサーから自動的にお釣りが出るような仕組みになっていて、物販する場所でよく用いられるでしょう。一方で、チケットや飲食店など、既に販売する商品が定められている場合はコンビニやスーパーなどで見るレジスターとは異なるタイプが用いられます。一見するとPCのディスプレイとプリンターが置かれているようにみえるのもレジスターで、ディスプレイはタッチ式になっています。お客さんが指定したチケット等をボタンでタッチすることで自動的にプリンターから印刷されて販売するという形になり、店員はボタンなどを操作することなく決済処理を行うことが出来ます。東芝テックなどはレジスターメーカーとして有名ですが、勿論こういったレジスターは幾つもモデルとして存在しています。
タッチディスプレイ式のレジスターがある一方で、ボタン式とディスプレイを両立している電子レジスターも存在します。横に大きく、PCのキーボードを大きくしたような形状をしていて、スタイリッシュなデザインが大きな特徴です。キーボード部分は自由に変更することが出来、色を光らせることも可能となるでしょう。東芝テックでも電子レジスターモデルは発売されていて、別売りのキャッシュディスペンサーを取り付けることでレジスターとして機能します。様々な場面で利用することができますし、本体だけでレシートも発行することが可能です。東芝テックの電子レジスターはスマートフォンなどのモバイルOSとの連携ができる特徴もあります。東芝が発売している無線接続メディアカードを差し込むことでデータを無線で送信することができ、売上データの記録を参照したり、またデータの編集や分析などをしたりすることが可能となるでしょう。電子レジスターはこういったデジタル処理が得意な特徴があり、東芝テックのモデルは様々な周辺機器と無線でつなげることが出来ます。